2012年01月21日

残酒処理 〜 侍士の門 〜

今夜のお供は、鹿児島は大久保酒造の「侍士の門」。
侍士で"さむらい"と読ませるらしい。

なんでも、米麹に白玉米という現代では作られなくなっている品種を、わざわざ154年ぶりに復活させて栽培したものを使っているらしい。よくみると、パッケージには下町のナポレオンよろしく、「薩摩の皇帝」と書いてある。薩摩と書いて"いも"と読むらしい。そういうセンス、嫌いではない。
それにしても國名を酒呼ばわり。筋金入りと言えるだろう。


image-20120121005916.png


さて、この侍士の門。実はいわゆるプレミアム焼酎に数えられている。
森以蔵や兼八ほどではないにせよ、購入本数に制限が加えられる程度には希少性がある。


その、貴重な酒を何故こんな何でもない日に一人さみしく傾けているのかというと、残飯処理ならぬ残酒処理である。年末年始の宴のおこぼれにいまだにあずかっているというわけだ。

そもそも、父親がお歳暮で戴いたもの。
それを、父親のパソコンの面倒を見た褒美として与えられた。
そしてそれを、お正月に毎年我が家で友人を集めて開催している新年会で振舞った。

その、残酒を今楽しんでいるところだ。
実は、今日初めて口にしている。

お正月には20人ほど集まってきて、方々で好きなお酒の栓が抜かれるため、用意したお酒の全てに口をつけられない。逆に、皆が後先考えずに次つぎと開栓してしまうがために、こうして余りが出る。
まさにおこぼれ頂戴。


さて、この酒。美味しい。

芋の味がしっかりとどっしりと来る。流石は薩摩のいも。
それでいて、この酒は芋臭いのにありがちな尖った口当たりがない。
あくまでまろやかに立ち上がってくる。なのに、口の中にしっかりと芋の印象を残す。
余韻が長いのだ。一口の余韻が一分以上かけてゆっくりと溶けて行く。

だから、一口含んではゆっくりと味わいを愉しめる。
こうして、くだをまきながら呑むには最適な酒だと言える。
本を読みながら呑むにもすごく良いだろう。

ゆっくりと時間をかけて、過ぎゆく時を愉しむ・・・そんな酒だと思う。


もう一杯飲みたい・・・というあたりで丁度なくなってしまうのが残酒の悲しい所。
流石にこの後を任せられる酒は今はウチに無いなぁ。


そして、まだしばらくは残酒生活だ。

明日は何を飲もうかな。
【関連する記事】
posted by ぷぃぷぃ虫 at 01:00| Comment(0) | くだまき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

初管巻記は下克上

今夜の一杯

image-20110226010930.png

真澄 あらばしり 生原酒


やっと私がお酒を飲んでいるところを紹介することができた。
すなわち、初くだまきというわけだ。


もともと、このブログは酒に酔った勢いで適当な事を書いてやろうという趣旨で開設したのであるが、訳あって解説からしばらく放置してしまった。訳は簡単。くだまき状態になかった、つまり、酒を飲んでいなかったのである。「呑ん兵衛」を冠したブログの第一話が「禁酒」で始まっているというのもおかしな話だと自分でも思う。今日は日付が変わって既に2月26日であるが、1月20日に会社で飲み会があって以来今日まで酒を絶っていた。

なぜ酒を絶っていたかというと、歯が痛かったり肩が痛かったりお腹を壊していたりと色々不調が数日続いたことで数日やめてみたら「お酒を飲まない」ということに妙にハマってしまって結局一ヶ月以上もお酒から遠ざかってしまった。思えば大学に入ってお酒を嗜むようになって以来、こんなに長くお酒を飲まなかったのは初めてである。おそらくであるが1週間以上お酒を絶ったことは無かったのではないか。


お酒を飲まなくなると確かに体が少し軽くなるような気もしたし、あちこちで言われているように少し味覚が変わったりしたような気もしないでもない。しかし、一番に言いたいことは1ヶ月ぶりに口にするお酒のウマいことウマいこと。


image-20110226011624.png

さて、今夜のお供は、長野県は宮坂醸造の真澄。その原酒である。
それをヴィヴァルディのコンツェルト集などをバックにやっている。ちょっとしたセレブ気分だ。
つながりがあるという訳ではないが真澄の創業は1662年、ヴィヴァルディは1678年生まれの1741年没。真澄が生まれた時代はちょうど西洋ではバロック音楽の時代である。江戸初期に生まれた酒造のお酒を飲みながら、同じ時代に生み出されたバロック後期の西洋音楽を聴く。妙にそれがしっくり来てしまうのである。


ところで真澄は自分的日本酒ランキングで長らく2位の位置にいるお気に入りの蔵元である。
今日、今年のこのあらばしりを飲んで、そろそろ一位に格上げしても良いかなぁ・・・などと思っている。

もともと、一位は石川県は車多酒造の天狗舞山廃である。もう10年以上変わっていない不動の一位なのだが、ここ2年ほど少し違和感を感じ始めている。私の好みが変わったのか、それとも酒のほうが変わったのか・・・。最近は真澄の方がしっくりくる。

1ヶ月ぶりに酒の禁を破る相手として、私は今日、天狗舞ではなく真澄を選んでしまった。
そろそろ下克上だろうか。


だが、空腹は最大の調味料であるという。
1ヶ月の禁酒の後に呑んだ酒なら、ワンカップの量産酒でも極上の酒に感じてしまうのではないか・・・。

やはり長年一位の酒にも愛着はある。
ここはもう一度くらい考えてみようではないか。


ちなみに嫁様のお供はこちら。

image-20110226015015.png

ヴェルシュタイナーとかいうドイツのビールらしい。
少しだけ口をつけてみたがビールらしいビール。だが、最後に口の中でフワッと麦の香が広がる良い感じのビールである。まぁ、私はビールのことはよくわからないが、というかビールはあまり好きではない。そんな私でももう一度買ってみようと思えるお酒である。ドイツからの輸入ビールとしては比較的安価であるというのも魅力的である。


それにしても、まっこと、酔いながら考えて書き留めることはとりとめのないことだなぁ。


とりあえず、解禁に乾杯!

posted by ぷぃぷぃ虫 at 01:15| Comment(2) | くだまき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

新ブログ

新しくブログを開設してみることにした。

私はこことは別に、バイオリンのレッスン記というか成長記というか、そういう感じのテーマで『呑んべ三十路のバイオリン奮闘記』というブログを開設している。もちろんそちらはバイオリンの話題ばかりを書いているのだが、バイオリン以外のネタも書きたいな・・・と時々思う。しかし、なんとなくテーマを混ぜこぜにするのは嫌なので、これまで全く書かずにいた。


『もう一個ブログを作ればええんやんか!』


今日、ようやく、そのことに気付いた。


膳は急げ。
思いついた直後にブログを立ち上げて、さっそく最初の記事を書いているというわけである。


どれくらいの頻度で更新するか解らないが、暇つぶしにでも読んでもらえると嬉しい。


しかし、そもそもテーマすら定まっていない。

酒に酔った勢いで、その時々に書きたいことを管巻くのだろう。きっと。

そのうち何か方向性めいたものが出てくるのだろう。きっと。


そして、どこかで面倒くさくなってやめてしまうに違いない。
posted by ぷぃぷぃ虫 at 19:28| Comment(0) | くだまき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
友人との他愛もないメール

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。